カテゴリ:CUBA DISCO( 40 )

キューバとアメリカは・・

今回、初めてのキューバ!
ほんのわずかな滞在で思い込みや勘違いなど、ただありそうだが・・
純粋に私が感じたことを書きとめて後で読み返したときにどんな気がするだろうと・・・ふっと思った。d0041268_11122821.gif
d0041268_11134599.gif

カンクンで足止めをくらって、やっと!ハバナの空港に着いた時、空港にある大きなテレビの画面でサルサの映像(これもまたハイラだった)が流れていた。
私たちは喜びのあまり、ちょっとだけそのリズムに体を合わせた。
Immigrationで前に並んでた背の高い男性と小柄な女性がニコニコしてみてる!彼たちは新婚旅行でキューバに来たアメリカ人だという。私たちの今にも踊りだしそうな素振りをみて、喜んでくれてる。
アメリカ人が簡単にキューバに来られるのか?知識不足のため意外だった。
街でも星条旗がある。リブレの万国旗にも星条旗があったし、ハバナツール(旅行会社)のバスの中にもキューバとアメリカの国旗が交差して飾ってあった。


その日の夜、カサデラムシカでその新婚さんに再会した。サニーと踊ってとても楽しそうだった。彼は踊れないから・・・そんなことなかった彼もまた楽しそうだった。
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-06 11:18 | CUBA DISCO

CUBADISCOの公式行事って!

私たちがいい加減なのか?公式行事のプログラムを一切把握していなかった。
とにかく、行き当たりばったり人生なのだ!(大げさ?!)

1回だけ、史郎さんに今日は何があるの??と聞いたら。「クラッシック!と・・・」「全部パス!!」史郎さんも苦笑いしてたような気がする。
でも・・今回は日本のキューバ音楽の父のような存在の東京キューバンボーイズの見砂さんのお墓参りがあるという。
d0041268_015513.jpg

実は前日の夜中まで迷ってた。実際は知らない人だし・・パスしようかなぁ~!朝早いしなぁ~。
全部!否定!行かない口実しか思い浮かばなかった・・・が
起きられちゃったのです。それもビュッフェが食べられる余裕の時間に起きたのです。

慌てて・・・バスが出る時間を確認してビュッフェに・・・・・・
d0041268_031864.jpg

でも行って良かったのです。瀬戸さんが、SMの分まで献花の花まで用意してくれてたのです。
SUNNY y MADONNAと書いたリボンまでついていたのです。(ふわ~)
瀬戸さんに「この花用意して私たち来なかったらどうするの?」私はオドオドして聞いたら。
d0041268_04568.jpg
「あなたたちは来る人よ!!」が~ん!!
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-06 00:07 | CUBA DISCO

携帯に興味津々?

d0041268_1523421.jpg今回、帰りのハバナの空港でサニーの携帯が抜かれたことを、息子がこのプログを見てて・・(これはいろいろ報告しないで済んだのでよかった!)やはり友人がリュックひとつでキューバを旅した時、キューバの子供に使わなくなった携帯をプレゼントして、大喜びでいろいろ案内して貰った話をしてた。

私もセントロを散策中、ふっと立ち寄ったレストランでの出来事を思い出した。
そこにも、バンド演奏中(これがないとSM、店に入らない)
そのバンドはチャングイを演奏してた。言葉がはっきり聞き取れないが「レベのチャングイでなく
トラディショナルなチャングイ」と言ったと思う。これは私の理解では楽器編成が!かな??
チャングイも踊れ!と言われて、サニーが首を横に振った途端。バンドの女性がチャングイのレッスンを・・・カメラ小僧(?)の私!カメラがサニーのポケットに入ってるので、思わず自分の携帯で写真撮影!これを見てた店の人たちが覗くわ!騒ぐわ!見せろ!写真撮れ!大騒ぎになってしまった。
d0041268_15261129.jpg
こんな素敵な笑顔が出来るのがキューバの人々!
写真撮ったあと、携帯で自分たちの画像を見て、おおはしゃぎしてたよ。また会いたい!

今度行く時は携帯をお土産にする。当然!充電器も一緒に!!
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-05 15:31 | CUBA DISCO

ボデギータツアーのメンバー

d0041268_12585273.jpg
私達をツアーメンバーの片隅に乗っけてくれたのにも、関わらずほとんど一緒に行動することはなかった。でも・・リブレのロビーで会えば、いろんな話ををした。
ここキューバに来た理由もさまざまで、ジャズシンガー♪ラテンバンドのピアニスト♪東京キューバンボーイズの追っかけ(この方は70歳過ぎた、大昔からキューバンボーイズのファン)
ラテンバンドのパーカッション♪葉巻マニア、ソンの板前君の母、等など・・・20歳台の可愛い女の子ふたり組は母の旅に付き合った!って感じ。
さまざまにキューバ滞在を楽しんでいた。


史郎さんは大変だっただろう、その大勢のツアー客と完全にマイペースのSM!!史郎さんはキューバで生まれ、小学校4年生までここキューバで暮らしてたというだけあって、見た目は完全日本人なのに(失礼!)キューバ人との会話も完璧に思えた(言葉わからないけど、キューバ独特のニュアンスがありそう)
ここで・・・!!と言う時にはSMの傍にそっと居てくれたし・・ほっておいてもくれた。
d0041268_12535592.jpg

SMが今回、ヒッチハイク的というのは、このツアーが移動する際に方向や面白そうな時だけ
バスに乗っけてもらったのが理由。ある時はSMが散々遊んで(夜中12時過ぎに)、ホテルに着くと史郎さんツアーの数人がどっかに行く様子「どこ行くの?」「チャランガフォーエバーライブ!」「行く!!」
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-05 13:00 | CUBA DISCO

私たちはストリートダンサーがいい。

街で音楽が聞こえたら踊る!!これが1番楽しかった♪
d0041268_2144030.jpg


ビエハのレストランでキューバなのにメレンゲを演奏!その時イタリア人の観光客が来てて、ボーカルの女性が誘っても、誰も踊らなかった。
で・・・サニーがキューバでメレンゲ♪

d0041268_2184769.jpg
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-05 02:24 | CUBA DISCO

警戒心

来る前にいろんな人から注意を受けた。
持ち物は腰に!ホテルでもスーツケースに鍵かけて・・など

現地でウエストバックはかえって目立ったし・・踊るところでもツアー客が揃ってウエストバックをしてる。こんな風景は私はいやだった。
どっかに信用していないところが丸見え、それなのに腰くっつけて踊ってる。
確かに腰を動かしてちょっとエロい、しぐさは仕方ないとしても・・・それをいつまでも付き合ってる日本人が許せなかった。

警戒心はほとんどなかった。日本に居る時だって危ない新宿の裏通りは行かないし、渋谷だって気を使う・・それと同じ程度で生活した。
d0041268_23393959.jpg

例えば、我が家に知らない人が来て、家の写真撮られたら警戒するだろうし、まして生活を脅かす場所まで行くべきではないと考える。それで何か被害にあったら”運がなかった”ことにする。
ただ・・ひとつだけは日本で契約して持ってきた携帯電話は最後の命綱で片時も離さなかった。
何かが起こったら、おそらく私たちでは対処出来ないと思った。その時は瀬戸さんと史郎さんにHELP!!!!!
d0041268_2340215.jpg
怖がってたら、何も起こらないし。。キューバを知れない。
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-04 23:41 | CUBA DISCO

キューバの感動パート3

私たちは大いに楽しんだ♪
サニーと踊るリサンドラ!マラカスで参加するサニー!ボーカルと並んでステップ踏む私。

この光景が理想だったと支配人がつぶやいた。サニーはこの時初めてギロの手ほどきを受けた。これがレッスンもしないで上手くなるキューバ人だと改めて関心した。
d0041268_1882028.jpg

食事は豪勢でみんな喜びに溢れ、さっきまで「頭が痛いっ!」と言ってたリサンドラもパクついて頭が痛いの治った!!って”現金なやつ!この時、キューバ人が頭が痛い=お腹すいてると理解したよ。(日本のキューバ人でもそんなのが居たなっ)
ジャガイモが美味しい。北海道で食べるとの同じだもん。味も薄味で抵抗感はまったくない。
(何度も食したけど、すべてそうだった)
d0041268_18102093.jpg

会話も英語通訳で弾んだ。
厨房からコックさんからすべての人が出てきて挨拶してくれた。
食後のコーヒーの後・・・サニーに綺麗な布の上に乗せられたシガーが・・・・感激!!
サニーご満悦!!
そこは禁煙マークが!!でも特別いいよ!と許可が出た途端。何??全員喫煙者(笑)
支配人から今度来る時は是非!ここに泊まって欲しいと名刺やパンフレットを頂きました。
ホント素晴らしい時間だった。
d0041268_18133643.jpg

帰りはホテル中の人たちに見送られ・・照れながら帰路・・
その時のタクシーの運転手さん、言葉の最後に「サー」が付いてたっけっ!
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-04 18:18 | CUBA DISCO

キューバの感動パート2

踊り終わると大歓声と拍手!!外からも中でも・・大歓声!
支配人が何やらメンバーに言った途端、「ギャ~!!」特別なゲストのためランチをみんな一緒にしようという提案だった。いつもは裏で簡単にランチするという・・1番喜んでいたのはキーボード担当だった気がする!今回はサニーの英会話が通じた。これはお互い母国語でないため簡単英会話だったのが救い!!ベースの娘の通訳でサニーも私もすべて把握出来た。

d0041268_1543535.jpg

観光ツアーの客のため演奏するので、それまでバーで待機して欲しい!とバーへ!!
ここがまた!私の感性を揺すぶった。大昔は貴族の邸宅で革命前はジャズピアニストの邸宅だったそう・・そのピアニストが革命時にアメリカへ・・・その後はピアニストの家族が所有してたという・・・
d0041268_15445768.jpg

支配人の指示でホテル内を見せてもらった。2階は19世紀の建築様式で天井が高く、床は大理石(これは冷たそう)3階は20世紀初頭で天井が低くなってる。
屋上が凄いから・・・と案内された。素晴らしい景観だった!!カジ~から行くように言われてたサンミゲルの屋上とまったく同じだった。数軒しか離れてないんだろう。

その時にはホテルの全員から歓迎されてる気がした。
君たちのキューバンダンスは凄い!! キューバ人でもTOPレベルだっ!
d0041268_15454896.jpg
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-04 15:48 | CUBA DISCO

キューバの感動パート1

パラシオ オファリルはビエハのカテドラル広場から少し入ったところにあった。
大きなオープンドアで格式がありそうなホテル。石畳のエントランスに足を踏み入れると中央は高い天井で天然の光が降り注いでいる・・・
私たちがホテルに入ると正面でバンドメンバーが今!箱から出したばかりのキーボードに群がって歓声を上げているまさにその時だった。みんなが私たちを見て、体中で喜びを表現してくれてる。セッティングを焦るように音を出してみた途端、キーボード担当の娘が歓声をあげてる。
使ってたキーボードは片隅に立てかけられて(とても小さい子供用のよう)・・音を出すたびに
「わぁ~わぁ~」と・・キーボード担当の喜びと他のメンバーの喜びがまったく同じに感じた。
演奏に入る前に、そこに居るすべてのスタッフにキーボードをプレゼントされたことを興奮して説明している。みんな私たちを見て顔中笑顔だった。
d0041268_1334537.jpg


何曲か演奏してるうちに支配人が入ってきた。また!説明!!
そして・・例の如く・・SMは踊った♪大きなドアの外は細い路地。人だかりが出来ていた。
見る見るうちに、バンドの演奏も盛り上がってく・・・

d0041268_13344534.jpg
楽しい♪バンドと踊り手との掛け合い!!私が体を揺らすとキャ~。ホテル中のスタッフも周りで見てる。
d0041268_1335268.jpg
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-04 13:36 | CUBA DISCO

キーボードは??キューバの感動

さて!苦労してやっとのことで運んできたキーボードをJuanの奥さんに渡さなきゃ!とリブレのロビーで待ち合わせ。
まず!言葉が?なんとか史郎さんに通訳を頼み込んでリサンドラと会った。
もう~とてもキュートで初めて会う気がしないほど最初から打ち解けてお喋りしちゃった。(当然通訳付きだよ)

d0041268_23285728.jpg

なんでもチャランガアバネーラはスペインにツアー中だとか・・帰国は27日でSMとはすれ違い。とても残念!
キーボードはリサンドラ達のバンドで使いたいそう・・・
一緒に来てくれた、ニコニコした美人さんはパーカッション担当でリサンドラはサックス、あとピアノ、ベース、ボーカルのバンドだということでした。
でも他のお土産も喜んでくれて、そこですぐに着たり、かぶったり、時計ははめてみたり!
そんなにされると嬉しいねっ。喜び方が半端じゃないもん。

もちろん!キーボードには飛び跳ねるように喜んでくれたよ。
毎日、ビエハのパラシオ オファリルで演奏してるから来て欲しいって!
その時は明日、起こる出来事を予想すら出来なかった。
d0041268_2329477.jpgd0041268_23301627.jpg
[PR]

by madonna-sunny | 2005-06-03 23:33 | CUBA DISCO