ダイロンネタをもういちょ!

ホントに神ががり的なダイロンとの出会いはこの旅に「成すがまま、時の流れのように・・(これは川かな?)、時が過ぎ行くままに♪ジュリーィ~ィ」の気持ちにさせられた。
d0041268_2143485.jpg

成田の出発ロビーでも招待されたミュージッシャンが大勢居て、「スケジュールに自分たちの名前がなくなってる」だの「演奏出来なきゃ帰れない」など・・とにかく混乱が予測できた。
1泊カンクンに居られたのは、これもまた神がかりっ!(なんて前向きなんだろう?)先発したハバナ組はImmigrationで時間がかかって、深夜2時頃にホテルに到着したとか?
私たちがダイロンの演奏で踊り、帰途につく頃だった。
ダイロンに関して、また面白い出会いがあった。時々ライブ会場などでお顔は見たことあってもお話したことがなかった、アオラコーポレーションの高橋さんがキューバにいらしてて、今回ご挨拶させて頂いた時、「ダイロンが売れた時期があったでしょ?」との問いに覚えて下さってて、「あれは札幌の梶原氏が発信元です」とすかさずSM!ゴメン!カジ~バラしちゃったよ。

でも・SMが傷心から立ち直ってダイロンにうつつをぬかしてる頃、ハバナの空港では瀬戸さん、ゆみさん、MASAYOちゃんが迎えに来てくれてたのは、ホテル到着後知ったのでした。
心配したよ!って嬉しかったっ!!ありがとうございます。
[PR]

by madonna-sunny | 2005-05-30 21:56 | CUBA DISCO