通称「máquina 」

初めてキューバに行ったのは2005年、そして今回は10年目の2015年。。ほぼ毎年、1年半くらい間隔が空く時もあったから8回位行ってるのかな?
行くたびに変化してるキューバ。

変わってるところを挙げればきりがないから、思いついたところを順次書いてみる。

以前(メモしとけばよかったけどちょっといい加減)は道路の脇や中央分離帯に多くの人がヒッチハイクのため立ってた。
政府関係の車は人を乗せるのが義務とかも聞いてた。。
d0041268_09293062.jpg

去年(2014年)行った時は以前ならもぐりで営業してたタクシーが営業許可が取れるようになったとかで、通称「máquina 」で主要道路を走ってる。
(今回はマキナを乗ることが多く、路線地図が不可欠でした。どこに行きたいか?でどこで乗る!が判る必要があった。ガイドブックを持たない私はGoogleマップをオフラインで見て乗れる道まで歩いた。GPS利用で便利です。自分で調べてみて)
車種は様々、クラッシックカーもあれば、ジープ、日本車も。。私が利用した時はクラッシックカー・ラウンドクルーザー(トヨタ)等々
指で乗る人数を差し出し、ルートに沿った道路際でサインを送る。
だいたい・・乗ってる人が見えるから乗れる乗れないは一目瞭然だけど。
運転手が手で「悪いね、乗れないよ~」とかちょっとクラクションで合図してくれたりしたと思う。

1番怖かったのは(笑)10人乗り?ジープの後ろの席に乗ったこと。
2番目は?走行中にマフラーか何かが凄い音を立てて外れた(^^;
運転手はすぐさま、私たちが乗り換えるマキナを止めてくれた。
d0041268_09275917.jpg
d0041268_09314577.jpg
d0041268_09331849.jpg


máquina はmachineという意味だから、ミシンとか工作機などもろもろの意味だけど、国民がリーズナブルに移動できる手段としてはいいシステムだと思う。
料金は距離にもより、10ペソ(1cuc≒25ペソ)から20.30ペソも。わからない場合(笑)10ペソ出してみる(笑)足りなければ必ず言われるから・・

よく考えたものだという独自のシステムが他にもある。
空き缶処理も(また機会があれば書きます)
世界中、キューバに学ぶことはいっぱいある。



[PR]
by madonna-sunny | 2015-01-18 09:33 | CUBA!CUBA!

町田Mi SALSA http://www.mi-salsa.net


by Mi SALSA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31